薬通販ベストケンコー > 緊急避妊薬大全 > 緊急避妊薬の副作用に関して

世界中の医薬品の個人輸入代行

ピル 通販|ピルジェネリック|ベストケンコー

緊急避妊薬の副作用である「吐き気」の対策について

緊急避妊薬は、性交後に避妊目的で服用するホルモン剤のことです。いわば避妊の最終手段で、一般に「アフターピル」などとも呼ばれています。服用理由としては、「コンドームが破損した」「避妊をしなかった」などが多いが、なかには「レイプされた」という深刻な理由もあります。基本的に婦人科で処方されますが、自由診療で保険証もいらないため費用は高額になりますが未成年でも処方してもらうことが可能です。

この時に処方される薬は、72時間以内の服用で間に合う緊急避妊薬「レボノルゲストレル(商品名ノルレボ錠0.75mg)」という約50カ国で使用されている黄体ホルモン剤。この「レボノルゲストレル」には、大量の女性ホルモンが含まれており、それが体内に入ると女性ホルモンの量が急激に増えることで人工的に生理を起こさせます。

レボノルゲストレル」は、性交から72時間以内に1回2錠(1.5mg)をのむと、およそ80%の確率で妊娠を阻止できることが、国内外の臨床試験で確かめられています。副作用も少なく、これまでは月経困難症や子宮内膜症などの治療に用いる中用量ピルを緊急避妊薬の代用としていたが、これはホルモン含有量が多く、吐き気や嘔吐、頭痛などの副作用が起こる頻度が高かったのですが、「レボノルゲストレル」は、この従来法より妊娠率が3分の1と低く、副作用も格段に少なくなっています。効果、安全性ともに優れていると認定されています。

ただし、避妊の失敗に気づいた時点で早く飲めば飲むほど効果が高いと言われていますが、72時間を過ぎたり飲んでも吐いてしまって薬効が薄れると妊娠する可能性も高いので注意が必要です。また、「じゃあ避妊しなくてもアフターピルを飲めばいいんだ」と短絡的に考えるほどアフターピルは体に良い薬ではありません。女性ホルモンを無理に体内に入れて生理を起こさせるわけですから、身体かかる負担やリスクは非常に大きいと考えて良いでしょう。

また、少ないとされていますが、「レボノルゲストレル」の副作用には、その程度や個人差が大きく、一般的に頭痛や腹痛、胸の張りなどがありますが、特に、吐き気や嘔吐などのつらい副作用もあります。吐いてしまうと効果がなくなってしまうので、追加してまた飲まねばなりません。

レボノルゲストレル」の服用後、2時間以内の嘔吐だと、ピルの成分が完全に吸収されず避妊に失敗する可能性が上がります。1回目の服用の副作用によって、2回目のピルを吐いてしまうパターンは、最も多く、危険とされています。服用から2時間以内に嘔吐してしまった場合は、追加でピルを飲む必要があります。

吐き気の対策として、制吐薬(吐き気を抑える薬)を服用するのが良いでしょう。市販の酔い止めの薬(車酔いの薬など)を飲んでも差し支えありません。

吐き気止めのお薬はコチラ>>>ドンペリドン10mg(ナウゼリンジェネリック)


モーニングアフターピル・緊急避妊薬や低用量ピルの個人輸入代行

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

個人輸入のくすり通販ベストケンコーでは、緊急用避妊ピルのアイビルやノルレボ、低容量ピルのヤスミンやヤスミンのジェネリックのジャニャまで幅広い避妊ピルを取り扱っております。また黄体ホルモンを補うお薬など多数取扱しております。

個人輸入代行





全国送料無料!