薬通販ベストケンコー > 緊急避妊薬大全 > 避妊ピルのQ&A > ピルはどのように飲めばよいのか?

世界中の医薬品の個人輸入代行

ピル 通販|ピルジェネリック|ベストケンコー

ピルの服用方法

ピルを飲めば避妊できると考えている人もいるようですが、そうではありません。
詳しくは次の通りです。

①月経の初日から
低用量ピルは一般に、月経が始まったその日(月経周期の1日目)から、1日1錠を21日間飲み、その後7日間休みます。この7日間を休薬期間といいます。この28日間を1周期(または1サイクル)と呼びます。飲み忘れを防ぐため、1周期を28錠にしているものもあります。この場合、追加した7錠にはホルモン剤は入っていないので、プラセボ(偽薬)と呼ばれます。このプラセボには鉄剤やビタミン剤などがつかわれます。28錠タイプのピルでは、プラセボを飲む7日間が「休薬期間」に相当します。月経の初日かどうかはっきりしない場合でも、月経周期の5日以内には飲み始めるようにしましょう。ただし、月経の初日から飲めない場合は、ピルを飲み始めて最初の7日間はかならずコンドームなどほかの避妊方法といっしょに使うようにしましょう。なぜなら、少しづつ卵胞が育って、つぎの排卵の準備が始まっているからです。覚えやすいように、日曜日からピルを飲む方法があります。これは、サンデーピルといわれますが、この場合、ピル開始日が月経の初日を過ぎるようであれば、やはり7日間はコンドームなどを併用する必要があります。ちなみに中用量ピルは、月経が始まって5日目から飲み始めますが、それは低用量ピルよりホルモン量が多く、排卵を抑制する効果が強いからです。

②流産や人工中絶の後は
妊娠初期の自然流産や初期人工妊娠中絶(妊娠12週以内)の場合は、流産または妊娠中絶後7日以内にピルを服用します。中期中絶(妊娠22週未満)の場合は、血栓症のリスクをさけるため、3~4週間は飲まないようにしましょう。

③出産の後は
授乳していなければ、出産後4週目以降から飲み始めます。それまではコンドームなどほかの避妊方法を使います。なお、ピルは母乳の出を抑制するので、授乳中は服用してはいけません。


避妊ピルのQ&A

避妊ピルのQ&A 避妊ピルとはどんな薬なのか?

□ なぜピルで避妊できるのか?
□ ピルにはどんなメリットがあるのですか?
□ ピルにはどんな副作用があるのか?
□ ピルには、どんな種類があるのか?
□ ピルはどのように飲めばよいのか?
□ ピルを飲み忘れた場合はどうしたらよいのか?
□ ピルは飲んだ日から効くのですか?
□ ピル服用中に出血があったら、どうすればよいのか?
□ ピルを中止しなければいけないのは、どういう場合ですか?
□ ピルは、他の薬といっしょに飲んでも大丈夫なのか?
□ ピルを飲み終えたら、すぐ月経がくるのか?
□ ピルを中止すれば妊娠できるのか?


モーニングアフターピル・緊急避妊薬や低用量ピルの個人輸入代行

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

個人輸入のくすり通販ベストケンコーでは、緊急用避妊ピルのアイビルやノルレボ、低容量ピルのヤスミンやヤスミンのジェネリックのジャニャまで幅広い避妊ピルを取り扱っております。また黄体ホルモンを補うお薬など多数取扱しております。

個人輸入代行





全国送料無料!