薬通販ベストケンコー > 緊急避妊薬大全 > 避妊ピルのQ&A > ピルにはどんな副作用があるのか?

世界中の医薬品の個人輸入代行

ピル 通販|ピルジェネリック|ベストケンコー

ピルの副作用

ピルの副作用は、これまで以上に強調されてきたため、副作用を心配する声はいまでも強くあります。たしかに、ピルは薬ですから、副作用はあります。大切なのは、むやみにこわがるのではなく、医師に相談し、どんな副作用があるかを正確に知ったうえで、ピルを飲むか飲まないかを決めることです。ここでは、一般的な副作用を記載しておきます。一般的なピルの副作用として、むかつき、吐く、頭痛、乳房痛、だるさ、憂うつ感、むくみ、不正出血、体重増加、血圧上昇など。副作用にはもちろん個人差がありますが、むかつきや吐くなど、妊娠のときのつわりのような症状は、からだがピルに慣れてくると、一般にはしだいに減ることが多いようです。また、低用量ピルの場合は、ホルモン量が少なく子宮内膜に対する作用が弱いため、ピルを飲んでいるあいだに不正出血が起こる場合があります。これも、一般には2〜3ヶ月すぎると、ほとんどなくなるといわれます。体重増加を気にする女性は多いようですが、日本で行われた臨床試験によると、約2年間で0.4〜1.8キログラムの体重増加だったと報告されています。


避妊ピルのQ&A

避妊ピルのQ&A 避妊ピルとはどんな薬なのか?

□ なぜピルで避妊できるのか?
□ ピルにはどんなメリットがあるのですか?
□ ピルにはどんな副作用があるのか?
□ ピルには、どんな種類があるのか?
□ ピルはどのように飲めばよいのか?
□ ピルを飲み忘れた場合はどうしたらよいのか?
□ ピルは飲んだ日から効くのですか?
□ ピル服用中に出血があったら、どうすればよいのか?
□ ピルを中止しなければいけないのは、どういう場合ですか?
□ ピルは、他の薬といっしょに飲んでも大丈夫なのか?
□ ピルを飲み終えたら、すぐ月経がくるのか?
□ ピルを中止すれば妊娠できるのか?


モーニングアフターピル・緊急避妊薬や低用量ピルの個人輸入代行

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

個人輸入のくすり通販ベストケンコーでは、緊急用避妊ピルのアイビルやノルレボ、低容量ピルのヤスミンやヤスミンのジェネリックのジャニャまで幅広い避妊ピルを取り扱っております。また黄体ホルモンを補うお薬など多数取扱しております。

個人輸入代行





全国送料無料!