薬通販ベストケンコー > 緊急避妊薬大全 > 避妊ピルとは? | 経口避妊薬の効果や特徴

世界中の医薬品の個人輸入代行

ピル 通販|ピルジェネリック|ベストケンコー

ピル(経口避妊薬)の避妊効果についての正しい知識

世界基準から遅れた日本女性の抵抗感とピルの効用。

日本は世界にもまれな中絶大国

 妊娠は、男にとっても女にとっても複雑な問題です。あるときは人間の本能的な喜びとして強く望まれ、またあるときはさまざまな困難を引き起こす頭痛のたねとなります。

 すべての動物は、子孫を残すという明確な目的のために生殖行為を行います。オスはメスの体内に精子を送り込んで受精させ、メスもまたオスの精子によって自らの卵子を受精させ、それぞれが自らの子孫を残すために生殖器どうしを交えます。

 にもかかわらず、人間はなぜ、しばしばその結果としての妊娠を忌避するのでしようか。問題をさかのぼるなら、それは人間が生殖という本来の目的から乖離(かいり)したところで頻繁に性行為を行うようになったという、進化史的な過去に注目しなくてはなりません。生殖以外の目的で性行為を行う、ということの意味を問い直さなくてはならないのです。

 しかしここではさしあたり、人間は生殖を目的としない愛情表現や性欲のみによっても性行為を行う生き物であり、その望まれざる結果としてしばしば妊娠が生じるという避け難い現実から出発することになります。

 日本は世界にもまれな中絶大国であり、いまでも毎年約35万人の女性が人工妊娠中絶を受けています。これは統計に示されている数字であり、統計に表れないものまで含めるとその数は100万件以上といわれます。かつては年間200万件以上とされた時代が長く続いていました。

 日本でこれほど中絶が多いひとつの原因は、経口避妊薬すなわちピルの普及が、諸外国に比べて著しく遅れていることです。

 避妊法として日本人が一般的に実行しているのは、ひとつはコンドームの使用であり、いまひとつはリズム式(オギノ式)とされています。オギノ式というのは、女性の体温の変化から妊娠しやすい時期(排卵期)を見分け、その時期を避けて性交を行うというものです。また最近では、避妊法とされてはいない腔外射精によって妊娠を回避しようとする男女が非常に増えているとされています。

 しかし、避妊の失敗率が高いとされている腔外射精だけでなく、コンドームでもリズム式でも男性側の協力が不可欠であるうえ、やはり確実な避妊法ではありません。

 コンドームは実際には10パーセント程度、リズム式は20パーセントという高い確率で避妊に失敗していることが報告されています。アメリカのある大学の調査は、コンドームは腔外射精より避妊失敗率がやや低い程度だと報告しています。

 これに対してピルは女性側か主体的かつ簡便に実行できるだけでなく、避妊の確実性が他のどの方法よりはるかに高いことが明らかになっています。ただし、セックスをめったに行わない女性にとっては面倒であるばかりでなく無意味かもしれません。これはある程度頻繁に性行為を行う女性の避妊法ということになります。

 ピルは欧米では1960年代から広く普及しており、アメリカでは、中絶を許されないカトリック教徒の女性の80パーセントが使用しているとされています。

 近年では、巨大な人口を抱える中国でもピルがもっとも一般的な避妊法となっており、世界的には現在、1億人以上の女性が避妊にピルを使っていると考えられています。

 日本は、ピルが長い問承認されなかったという点で世界にもまれなピル後進国であり、1999年にようやく最初の薬が厚生省(現厚生労働省)によって認可されました。それまでは、病気治療の目的で使われる他の薬が経口避妊薬として転用されていたのです。


月経は2種類のホルモンでコントロールされている

 ピルには40年の歴史があり、現在では安全性の高い避妊法として世界的に広く認められています。しかし日本人女性にはいまでもピルに対して漠然とした不安を抱く人が少なくありません。そのような不安を拭い去るには、まず女性の生殖器と妊娠のしくみ、それにピルの避妊効果について正確な知識をもつ必要があります。

 女性の生殖器の主役は、親指大の2つの卵巣とこぶし大の子宮です。卵巣にはふだん、多数の卵子(卵)が存在します。これらの卵子は卵胞と呼ばれる膜に包まれており、この卵胞をつくっている細胞は女性ホルモンの一種エストロゲン(卵胞ホルモン)を分泌します。

 卵巣の中では約4週間ごとにエストロゲンのはたらきによって1個の卵子だけが成長し、卵胞を破って卵巣の外に出ていきます(排卵)。この卵子が卵管を通って子宮に移動する途中で精子と出合うと、受精して妊娠することになります。その間、子宮も受精卵を着床させる準備を整えます。卵胞が分泌するエストロゲンのはたらきで、子宮の内側を覆う粘膜(子宮内膜)が厚くなるのです。粘膜の内部では無数の毛細血管や分泌腺が伸びて、受精卵がやってくるのを待ちます。

 排卵後、卵巣に残されていた卵胞は黄体となり、それがプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲンを分泌します。しかしたいていは受精も着床も起こらないので、無用となった黄体は壊れてしまいます。

 この結果、プロゲステロンとエストロゲンの子宮への供給が止まるために子宮内膜の血管はしぼんで、粘膜組織は死んでしまいます。こうして死んだ子宮内膜は子宮壁からはがれ落ち、血液とともに腔を通って体外へと排出されます。これが月経とか生理と呼ばれるものです。成熟した女性の体がほぼ4週間ごとに繰り返すこのような生理的プロセスは、いま見たようにプロゲステロンとエストロゲンという2種類の女性ホルモンの作用によって進行します。そこで、これらのホルモンのはたらきを上手に利用して妊娠を阻止する。これが経口避妊薬です。


アメリカの社会背景から生まれたピル

 経口避妊薬が1950年代に誕生した背景には、マーガレットーサンガーというアメリカの看護婦の存在を忘れることができません。彼女はアメリカのタイム誌によって「20世紀のもっとも影響力の大きかった100人」に選ばれたと同時に、他方では、「人種差別思想によって産児制限を強引に推進した女性」という厳しい批判をも受けてきたという政治的背景をもっています。

 アイルランド系移民の労働者を両親にもつサンガーは、妊娠という宿命を背負った女性の悲劇を目の当たりにして育ちました。被女の母親は18回妊娠して11人の子を産み、そのために健康を損ねて死亡したのです。看護婦となったサンガーは、母親に似た境遇の多くの女性に接し、女性の健康と自立のためには産児制限を行わなければならないという信念をもつようになりました。

 アメリカでは現在でも避妊や中絶の是非が重大な政治問題になっており、大統領選挙や最高裁判所の判事の選任の際には、議会もメディアも、候補者が中絶容認の思想をもつかどうかが最大級の議論の対象になります。これは、アメリカ市民の多数を占めるカトリック教徒が「人工中絶は殺人」という立場をとっているためです。

 1951年、サンガーはグレゴリー・ピンカスという生物学者に会い、「飲む避妊薬」の開発を打診します。ピンカスは世界ではじめて動物の人工授精を成功させ、「フランケンシュタイン博士」と呼ばれてハーバード大
学を追放されていました。

 サンガーの要請と女性資産家キャサリンーマコーミックの莫大な資金提供を受けたピンカスは、中国系生物学者M・C・チャンとともに経口避妊薬の研究を行います。

 当時プロゲステロンがウサギの妊娠を妨げることが明らかになっていたことから、ピンカスらは、女性の体内にプロゲステロンを余分に投与すると体がすでに妊娠していると錯覚し、妊娠は起こらないはずだと考えました。そこで、この頃すでに合成に成功していた人エホルモンのひとつを経口避妊薬として使用し、その効果を確認することにしました。そして1956年、中米の島国プエルトリコで、プロゲステロンを成分とするピルの世界初の臨床試験が行われ、参加した女性全員が避妊に成功しました。まもなくエストロゲンをも配合したピルが完成し、60年にはアメリカ食品医薬品局(FDA)がこれを世界最初の避妊薬として承認したのです。


エストロゲンの量の違いで3種類のピルがある

 その後ピルはたちまちアメリカの女性の間に広がったものの、まもなく問題が浮上します。ピルを使った多くの女性が脳卒中や心臓障害に見舞われ、なかには死亡する女性まで現れました。調査の結果、最初の避妊薬には、避妊に必要な量の4~10倍ものホルモンが含まれていたことがわかりました。

 こうした経験から、その後の経口避妊薬ではホルモン量が大幅に減らされました。1970年代以降に登場した避妊用ピルはすべて「低用量ピル」と呼ばれ、副作用が大幅に緩和されて安全性も高いとされるようになったのです。

 ピルの成分は、人工的に合成されたプロゲステロン(ブロゲストーゲン)とエストロゲンを組み合わせたものです。

 低用量というのは本来、薬中のホルモン量を必要最小限に抑えたという意味ですが、現在では、これに組み合わせるエストロゲンの量の違いから、高用量、中用量、低用量に分けられています。これらのうち避妊用は低用量ピルであり、中用量や高用量は婦人科の病気治療用として使用されます。

 ピルを服用すると、プロゲストーゲンとエストロゲンが血液中に流れ込み、その信号が脳に伝えられます。すると脳は、卵巣が十分な量の女性ホルモンを分泌していると勘違いして、卵巣に女性ホルモンの放出命令を出しません。排卵は卵巣からプロゲステロンが急激に放出されることによって起こるので、ピルによって血液中にプロゲストーゲンが存在する状態になると排卵は起こらないことになります。

 仮に排卵が起こっても、ピルの別の作用が妊娠を妨げます。そのひとつは、プロゲストーゲンにより子宮頚から分泌される粘液がより粘り気を増すことです。その結果、たとえ腔内に精子が放出されても、それは子宮頚を通って子宮に入ることができません。もうひとつは子宮内膜の増殖をある程度抑えることです。子宮内膜が十分に厚くなっていないと、たとえ卵と精子が出合って受精卵となっていても、子宮内膜への着床が起こらないのです。つまりピルは、①排卵を抑え、②精子の子宮への進入を妨害し、③受精卵の着床を阻止するという3つの作用によって妊娠を回避することになります。

 ピルは、服用をやめると体が妊娠できる状態に戻ります。服用停止から遅くても3ヵ月以内には排卵をともなう月経が再開されます。さらに、ピル服用後に妊娠した場合には死産の確率が減ることも知られています。まれに排卵が起こらなくなること(閉経)もありますが、これはピルを使用しなくてもほぼ同じ確率で起こるため、ピルの影響ではないとされています。

 ちなみに近年、避妊用ではない高用量ピルが「モーニングアフター・ピル」として使用されることがあります。これは緊急避妊用、すなわち女性が望まない特殊な状況で腔内に射精されたときに妊娠を防ぐための手段です。


ピルを避ける日本の特殊な事情

 ところで、日本でピルの普及が遅れている理由に、かつてコンドームのメーカーや産婦人科医がピルの副作用をことさら強調し、日本人女性の間にピルに対する不信感を植えつけたからとする指摘があります。また、ピルが普及すると不注意なセックスが増大して性感染症が増えるともいわれました。しかし実際にピルが普及しているヨーロッパでは1980年代以降性感染症が減少していることを見ても、国内でのこれらの主張の根拠は怪しいといわねばなりません。

 ピルにも他の薬と同様、副作用があります。女性によっては最初に服用を始めて1週間~1ヵ月たつと体内のホルモンのバランスが変化するため、顔や手足にむくみが現れる、吐き気や乳房の痛みが生じる、月経期以外に出血することがあるなどです。ただしこれらの症状は長くても3ヵ月以内に消えるようです。

 ピルの副作用として一般的にもっとも問題になるのは血栓症です。これは、エストロゲンの作用によって静脈の血液が固まりやすくなり、血栓が生じる可能性が高まるというものです。体のどこかで生じた血栓が心臓や脳の血管を詰まらせると、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性があります。

 がんもこれまで、ピルの副作用と関連づけられて話題になってきました。とくに乳がんの発症率が上昇するという指摘は、厚生労働省の「経口避妊薬の安全性についてのとりまとめ」にも見られます。しかし国際
的には、ピルと乳がん発症率の関係の評価は定まっていません。以前、発症率が1.2倍になるとする報告もあったものの、最近の報告では、ビルと乳がん発症には関連性がないとされています。

 また子宮頸がんも、最近の臨床試験ではピルの影響はないとされています。このがんの発症率がピルの使用によって高まるように見えるのは、ピル服用者の多くがコンドームを使わずに性交することに原因があるといいます。性器どうしを直接接触させることにより、子宮頭がんの原因となるウイルスに感染しやすいからです。

 他方、ピルは、卵巣がんや子宮体がん(子宮内膜がん)の発症率を低下させるようです。とりわけ卵巣がんは、ピルを5年以上使用した女性では発症率が半分に低下するという報告があります。

 ピルには避妊以外にも、月経が軽くなるなど、多くの女性にとってプラスとなるさまざまな作用があるものの、ピルを使用してはいけない女性もいます。たとえば喫煙者、高血圧の女性、女性ホルモンによって成長が促進される乳がんや子宮がんの患者などです。

 日本でいまもピルに対する抵抗感があり続ける別の理由には、厚生労働省のガイドラインの存在も否定できません。医師の処方や定期検診を義務づけているからです。国際的な基準では問題とされていない子宮筋腫などの患者もピルの使用を禁じられています。

 諸外国の多くでは問診と血圧測定のみでピルが処方され、薬局で購入できる国もあることを考えると、日本の状況はかなり特殊なのです。


モーニングアフターピル・緊急避妊薬や低用量ピルの個人輸入代行

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

個人輸入のくすり通販ベストケンコーでは、緊急用避妊ピルのアイビルやノルレボ、低容量ピルのヤスミンやヤスミンのジェネリックのジャニャまで幅広い避妊ピルを取り扱っております。また黄体ホルモンを補うお薬など多数取扱しております。

個人輸入代行





全国送料無料!