薬通販ベストケンコー > 緊急避妊薬大全 > 人工妊娠中絶に関して > 人工妊娠中絶手術後は感染症に注意して

世界中の医薬品の個人輸入代行

ピル 通販|ピルジェネリック|ベストケンコー

感染症の疑いがある場合は早目の医師の診察を

 手術後は、2時間ほど病院で安静にします。医師が診察して問題がなければその日に帰宅できますが、家に帰ってからもできるだけ安静にしましょう。術後、特に気をつけたいのは、感染症です。数日間は出血が続くので、細菌感染を防ぐためにナプキンはこまめにかえて、外陰部を清潔に保つことが大切です。

 経過が順調なら、術後4日目ぐらいから通常の生活に戻れます。ただし、出血が10日以上続いたり、下腹部痛や発熱などの症状がみられる場合は、感染症の危険性があるので、早めに医師の診察を受けましょう。セックスは、術後2週間ほどで再開できるとされていますが、子宮の回復には個人差があるので、必ず術後の検査を受けて、医師に確認することが大切です。


人工妊娠中絶について

心と体を守るために中絶手術のリスクをきちんと理解しておきましょう。

□ 人工妊娠中絶は母体保護法にもとづいた手術
□ 人工妊娠中絶手術が受けられるのは妊娠21週まで
□ 人工妊娠中絶手術方法は妊娠週数で異なる
□ 人工妊娠中絶手術後は感染症に注意して


モーニングアフターピル・緊急避妊薬や低用量ピルの個人輸入代行

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

個人輸入のくすり通販ベストケンコーでは、緊急用避妊ピルのアイビルやノルレボ、低容量ピルのヤスミンやヤスミンのジェネリックのジャニャまで幅広い避妊ピルを取り扱っております。また黄体ホルモンを補うお薬など多数取扱しております。

個人輸入代行





全国送料無料!