薬通販ベストケンコー > 緊急避妊薬大全 > 人工妊娠中絶に関して
> 人工妊娠中絶手術方法は妊娠週数で異なる

世界中の医薬品の個人輸入代行

ピル 通販|ピルジェネリック|ベストケンコー

中絶手術方法の種類

 中絶手術は、早いほど簡単で母体への負担も軽くてすみます。そのため、妊娠初期の12週以内に受けるのが望ましいといえます。

 この時期の手術には、掻爬術と吸引法の2つの方法があります。掻爬術は、子宮顕管を拡張器で開き、胎盤鉗子で胎児と胎盤を引き出したあと、キューレットというスプーン状の器具で残っているものをかき出します。

 一方、吸引法では、吸引キューレットという器具を使って、胎盤や胎児を吸いとります。掻爬術、吸引法ともに全身麻酔で行います。

 妊娠12週を過ぎると、胎児はすでに7~9cmまで成長しているので、掻爬術や吸引法では対応できません。そこで、陣痛促進剤を使って陣痛を起こし、流産させる方法をとります。この方法は、通常の出産と変わらないため、数日間入院が必要になります。

【掻爬術】
子宮頚管を十分に拡げて、胎盤鉗子で胎児と胎児に付着しているものを取り除く。
⇒次にキューレットを使って、子宮内膜に沿って残存物をぬぐいとる。

【吸引法】
吸引キューレットという器具を使い、胎盤や胎児を吸いとる。


人工妊娠中絶について

心と体を守るために中絶手術のリスクをきちんと理解しておきましょう。

□ 人工妊娠中絶は母体保護法にもとづいた手術
□ 人工妊娠中絶手術が受けられるのは妊娠21週まで
□ 人工妊娠中絶手術方法は妊娠週数で異なる
□ 人工妊娠中絶手術後は感染症に注意して


モーニングアフターピル・緊急避妊薬や低用量ピルの個人輸入代行

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

個人輸入のくすり通販ベストケンコーでは、緊急用避妊ピルのアイビルやノルレボ、低容量ピルのヤスミンやヤスミンのジェネリックのジャニャまで幅広い避妊ピルを取り扱っております。また黄体ホルモンを補うお薬など多数取扱しております。

個人輸入代行





全国送料無料!