薬通販ベストケンコー > 緊急避妊薬大全 > 人工妊娠中絶に関して
> 人工妊娠中絶手術が受けられるのは妊娠21週まで

世界中の医薬品の個人輸入代行

ピル 通販|ピルジェネリック|ベストケンコー

中絶手術が可能な時期は妊娠21週6日目までがリミット

 中絶手術は、遅くなるほど体への負担が大きくなります。そのため、中絶手術が可能な時期については、「胎児が母体の外では生きられない」とされる妊娠21週6日目までがリミットと定められています。また、中絶手術は、母体保護法指定医の資格をもった医師がいる病院でないとできないことになっています。指定医がいるかどうかは、病院の看板などに明記してあるので、必ず確認するようにしましょう。

 医師の診察を受けて、手術の日が決まったら、「人工妊娠中絶同意書」が渡されるので、未婚、既婚を問わず、本人と赤ちゃんの父親となる男性が署名捺印し、手術当日に提出します。

 なお、人工妊娠中絶は健康保険がきかないので全額自己負担となります。費用の目安は、妊娠12週以内で10万円前後、それ以降になると入院が必要となるため20万~50万円程度かかります。


人工妊娠中絶について

心と体を守るために中絶手術のリスクをきちんと理解しておきましょう。

□ 人工妊娠中絶は母体保護法にもとづいた手術
□ 人工妊娠中絶手術が受けられるのは妊娠21週まで
□ 人工妊娠中絶手術方法は妊娠週数で異なる
□ 人工妊娠中絶手術後は感染症に注意して


モーニングアフターピル・緊急避妊薬や低用量ピルの個人輸入代行

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

個人輸入のくすり通販ベストケンコーでは、緊急用避妊ピルのアイビルやノルレボ、低容量ピルのヤスミンやヤスミンのジェネリックのジャニャまで幅広い避妊ピルを取り扱っております。また黄体ホルモンを補うお薬など多数取扱しております。

個人輸入代行





全国送料無料!