薬通販ベストケンコー > 緊急避妊薬大全 > 人工妊娠中絶に関して
> 人工妊娠中絶は母体保護法にもとづいた手術

世界中の医薬品の個人輸入代行

ピル 通販|ピルジェネリック|ベストケンコー

人工妊娠中絶は、だれでも無条件に受けられるものではありません

 予期せぬ妊娠をしてしまったとき、女性は子どもを産むか産まないかを選択しなければなりません。やむをえず産まないと決めた場合は、人工妊娠中絶をすることになります。なかには「中絶はだれでも簡単に受けられるもの」と考えている人もいるようですが、これは大きなまちがいです。人工妊娠中絶は、だれでも無条件に受けられるものではなく、本来は、母体保護法という法律で定められた条件に該当する人だけに認められている手術だということを知っておきましょう。

 母体保護法による条件としては、「身体的、経済的理由によって、妊娠、出産が母体の健康を著しく害するとき」「レイプや脅迫などによって妊娠させられてしまった場合」などがあげられます。避妊をしなかったり、避妊の失敗によって妊娠した場合は、「経済的理由によって母体の健康を害するとき」として判断され、中絶手術が行われます。


人工妊娠中絶について

心と体を守るために中絶手術のリスクをきちんと理解しておきましょう。

□ 人工妊娠中絶は母体保護法にもとづいた手術
□ 人工妊娠中絶手術が受けられるのは妊娠21週まで
□ 人工妊娠中絶手術方法は妊娠週数で異なる
□ 人工妊娠中絶手術後は感染症に注意して


モーニングアフターピル・緊急避妊薬や低用量ピルの個人輸入代行

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

個人輸入のくすり通販ベストケンコーでは、緊急用避妊ピルのアイビルやノルレボ、低容量ピルのヤスミンやヤスミンのジェネリックのジャニャまで幅広い避妊ピルを取り扱っております。また黄体ホルモンを補うお薬など多数取扱しております。

個人輸入代行





全国送料無料!