薬通販ベストケンコー > 緊急避妊薬大全 > 避妊の知識 > 中絶が女性の心と身体に与える負担は大きい

世界中の医薬品の個人輸入代行

ピル 通販|ピルジェネリック|ベストケンコー

中絶のリスク

 中絶手術は、まだ胎児が大きくなっていない妊娠1111週以内に行われます。時間が経過すればするほど、からだに大変負担のかかる手術になっていきます。

 妊娠週数は、最後の月経(生理)がはじまった日を0日として0〜6日までを0週、7〜13日までを1週というように数えていきます。

 セックスをした日や月経が来なくなった日ではありませんので注意してください。月経がこないことに気づいたときには、すでに妊娠5〜6週になっています。

 手術の方法は、人工的に子宮口を開いて、吸引管を入れて妊娠組織を吸い出したり、銀子を入れてかき出します。

 妊娠12週以降は、陣痛をつけてお産させる方法をとるので、費用も入院期間も出産と同じです。また、妊娠12週以降の中絶した胎児は死産児とみなされ、役所に届出を出すことになります。

 人工妊娠中絶は、女性の心とからだに、さまざまな形で傷を残してしまう行為であることを忘れないでほしいものです。


避妊について

予期せぬ妊娠や中絶を防ぐために避妊の知識を身につけておきましょう。

□ 妊娠を望まないなら必ず避妊を
□ 女性が主導権を持って避妊を行う
□ 避妊には性感染症予防の意味もある
□ 避妊法のいろいろ
□ 膣外射精はNGの避妊法
□ 中絶手術が受けられるのは妊娠22週まで
□ 中絶が女性の心と身体に与える負担は大きい


モーニングアフターピル・緊急避妊薬や低用量ピルの個人輸入代行

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

個人輸入のくすり通販ベストケンコーでは、緊急用避妊ピルのアイビルやノルレボ、低容量ピルのヤスミンやヤスミンのジェネリックのジャニャまで幅広い避妊ピルを取り扱っております。また黄体ホルモンを補うお薬など多数取扱しております。

個人輸入代行





全国送料無料!