薬通販ベストケンコー > 緊急避妊薬大全 > 避妊の知識 > 避妊法のいろいろ

世界中の医薬品の個人輸入代行

ピル 通販|ピルジェネリック|ベストケンコー

避妊法のいろいろ

 避妊法にはいろいろな種類がありますが、どれも100%確実とはいえません。たとえば、コンドームは、避妊と同時に性感染症の予防に高い効果が期待できますが、きちんと装着されていないと失敗します。また、ピルは、避妊効果は高いものの性感染症を予防することはできません。それぞれのメリット、デメリットを知ったうえで、自分にとってベストな方法を選ぶようにしましょう。

【コンドーム】
薄いゴム製の袋をペニスにかぶせて、精子の侵入を防ぐ。値段が安く、ドラッグストアやコンビニなどでも手軽に手に入り、性感染症の予防にも効果的。ただし、男性の強力が必要で、装着ミスがあったり、破れたりすると、精液がもれて避妊に失敗する可能性がある。

【ピル(経口避妊薬)】
エストロゲンとプロゲステロンの合成ホルモン剤を服用して排卵を抑制する方法で、男性の強力なしに使用できる。正しく服用すれば、ほぼ100%避妊できるが、性感染症の予防はできない。コンドームに比べると、経済的負担が大きい。

【IUD(避妊リング)】
プラスチック製の器具を子宮内に装着して、受精卵の避妊法の着床を防ぐ。装着は医師に行ってもらい、2〜5年に1回の交換が必要。

【基礎体温法】
基礎体温を記録して、排卵日後の危険日にセックスを避ける方法。月経の周期が乱れると判断できなくなる。

【モーニングアフターピル(緊急避妊薬)】
セックスのあと、72時間以内にピルを飲む方法。ほかの避妊法で失敗したときや、レイプされたときなど、あくまでも緊急避妊的に行われる。


避妊について

予期せぬ妊娠や中絶を防ぐために避妊の知識を身につけておきましょう。

□ 妊娠を望まないなら必ず避妊を
□ 女性が主導権を持って避妊を行う
□ 避妊には性感染症予防の意味もある
□ 避妊法のいろいろ
□ 膣外射精はNGの避妊法
□ 中絶手術が受けられるのは妊娠22週まで
□ 中絶が女性の心と身体に与える負担は大きい


モーニングアフターピル・緊急避妊薬や低用量ピルの個人輸入代行

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

個人輸入のくすり通販ベストケンコーでは、緊急用避妊ピルのアイビルやノルレボ、低容量ピルのヤスミンやヤスミンのジェネリックのジャニャまで幅広い避妊ピルを取り扱っております。また黄体ホルモンを補うお薬など多数取扱しております。

個人輸入代行





全国送料無料!