薬通販ベストケンコー > 緊急避妊薬大全 > モーニングアフターピルとは? > 緊急避妊薬承認へ

世界中の医薬品の個人輸入代行

ピル 通販|ピルジェネリック|ベストケンコー

性交後に服用、望まない妊娠を防ぐ緊急避妊薬承認へ

「望まない妊娠」を防ぐための緊急避妊薬が、日本で初めて承認される。世界の大半の国で使われており、日本でも承認が待たれていた。「妊娠の失敗やレイプ被害などに、より安全に対応できる。中絶数も減るだろう」と期待されている。

この緊急避妊薬の名称は、レボノルゲストレル(製品名ノルレボ錠)。黄体ホルモンが成分の薬で、性交から72時間以内に2錠飲むことで、妊娠を約80%阻止できる。医師の処方が必要で保険は適用されない。昨年末、厚生労働省が承認し、間もなく正式承認される予定。(11年2月現在)

国連加盟の192カ国の中で、このタイプの緊急避妊薬を承認していないのは、日本やイラン、アフガニスタン、ペルー、北朝鮮など7カ国だけ。女性のリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)を守る意識が日本は低いといえるでしょう。日本の人工妊娠中絶数は、2009年度で22万件を超え、出生児数の5分の1強に達する。承認により、中絶数の抑制が期待される。ノルレボは、中用量ピルを飲んだ際に起きやすい吐き気、嘔吐の副作用はほとんど見られず、妊娠阻止効果も中用量ピルよりも高いとされる。

日本ではこれまで、医師の責任で緊急避妊を行なってきた。中用量ピルを、性交後72時間以内とその後、12時間後に服用する「ヤツペ法」や子宮内に入れる銅付加子宮内避妊具で妊娠を阻止する方法などが利用されてきた。推定約60万人の女性が緊急避妊を経験しているという。

警視庁は、06年度からは犯罪被害者への医療支援として、緊急避妊などの公費負担を開始。現在、すべての都道府県で、レイプ被害を親告し、緊急避妊用の中用量ピルを希望する女性に無料で渡している。

副作用が少ないことに加え、緊急避妊薬が正しいものとして公式に認められることは、女性の安全のためにも大きく、承認によって、避妊や性感染症など、女性の体を守ることに個人も社会も関心を持つ働きが高まることが期待される。

もちろん、この薬は日常の避妊法としては使えない。排卵を遅らせる作用もあるため、服用後に性交すると妊娠の危険は高まります。


緊急避妊法であるモーニングアフターピルに関して

女性を望まない妊娠の危機から守ってくれる緊急避妊法とは?

□ 多くのセックスは妊娠を望まない
□ 日本はピル後進国
□ ピルには知られざる効用があった
□ モーニングアフターピルは72時間以内に服用する
□ モーニングアフターピルが築く未来
□ 緊急避妊薬承認へ
□ コンドームが破れたが緊急避妊薬に救われた


モーニングアフターピル・緊急避妊薬や低用量ピルの個人輸入代行

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

個人輸入のくすり通販ベストケンコーでは、緊急用避妊ピルのアイビルやノルレボ、低容量ピルのヤスミンやヤスミンのジェネリックのジャニャまで幅広い避妊ピルを取り扱っております。また黄体ホルモンを補うお薬など多数取扱しております。

個人輸入代行





全国送料無料!