薬通販ベストケンコー > 緊急避妊薬大全 > モーニングアフターピルとは?
> モーニングアフターピルが築く未来

世界中の医薬品の個人輸入代行

ピル 通販|ピルジェネリック|ベストケンコー

緊急避妊薬で救われた女性は数多くいるのだが・・・

モーニングアフターピルが築く未来が明るいものであるとは限らない。確かにモーニングアフターピルによって、レイプ後の妊娠、あるいは生むことが不可能であることがわかっている不倫での妊娠は防げる。

1970年代より、世界で広く使われているこの経口の緊急避妊ピルで救われた女性は多数いることだろう。しかし、はたして、明るい未来を拓くだろうか。個々の人にとっての力が全体としての利益、共同体の利益と一致しないことは少なくない。というより、なかば公然であるという点にも注意を向けたい。

もしこのピルを持っていれば、安易な性行為が行なわれやすくなるだろうし、STD(性行為感染症)に対しては全くの無力である。

また、文化的な側面があることも大切だ。いつ妊娠が成立するかという点に関しても、受胎の時、着床の時、胎壁が成立している時とさまざまな考え方がある。宗教によっては、受胎の瞬間が新しい生命の誕生と考えることもあって、この場合には、受精卵を着床させない人工的な行為はいちじるしく反倫理的と考えるだろう。もし一国のほとんどの人々が、このような考えを持つ宗教を信じていたら、きっとレイプされ妊娠してしまう人がいても、それも神の決めたことと受け入れるようになるだろう。

これらの考え方を民主的でないとかあるとか論議することはあまり意味がない。

もし選挙で選ばれた政治家が、医学的にみると導入することが妥当だが、国の精神や国の未来を考えれば認可すべきでない、と決定することはできるはずだし、このような指導性を政治家は失うべきではないのである。

また、モーニングアフターピルは、高用量のピルを使えば代用できることを指摘しておく。

産婦人科医ならこの方法について理解しているので、性交後2日から3日以内に相談すれば、適切なアドバイスを受けられるだろう。12時間おいて高用量ピルをさらに量を増やして(2倍位)2回服用すればよい。

しかし、この方法を使ってはいけない人や、慎重に使ったほうがよい人がいるので、注意する必要があります。


緊急避妊法であるモーニングアフターピルに関して

女性を望まない妊娠の危機から守ってくれる緊急避妊法とは?

□ 多くのセックスは妊娠を望まない
□ 日本はピル後進国
□ ピルには知られざる効用があった
□ モーニングアフターピルは72時間以内に服用する
□ モーニングアフターピルが築く未来
□ 緊急避妊薬承認へ
□ コンドームが破れたが緊急避妊薬に救われた


モーニングアフターピル・緊急避妊薬や低用量ピルの個人輸入代行

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

個人輸入のくすり通販ベストケンコーでは、緊急用避妊ピルのアイビルやノルレボ、低容量ピルのヤスミンやヤスミンのジェネリックのジャニャまで幅広い避妊ピルを取り扱っております。また黄体ホルモンを補うお薬など多数取扱しております。

個人輸入代行





全国送料無料!