薬通販ベストケンコー > 緊急避妊薬大全 > モーニングアフターピルとは?
> ピルには知られざる効用があった

世界中の医薬品の個人輸入代行

ピル 通販|ピルジェネリック|ベストケンコー

ピルの効果は避妊だけではない

じつはピルの成分である女性ホルモンのエストロゲンや黄体ホルモンの重要性が見直されるようになっている。

これまでは、生殖に関わる役割だけが注目されていて、直接の生命維持に必ずしも必要がないと考えられてきたのだが、最近の研究から老後の生活の質(QOL)を高める作用のあることがわかってきた。さまざまな更年期障害が起こったり、骨粗しょう症やアルツハイマーになったりするのも、女性ホルモンの欠乏と関係があるといわれるのだ。

こうした障害の治療薬で、総合エストロゲン製剤とかエストリオール製剤、黄体ホルモン薬と呼ばれる女性ホルモン剤が使われている。エストロゲンは手術後の止血剤、あるいは前立腺がんの治療薬としても使われる。さらに黄体ホルモンのほうは乳がん、子宮体がんの治療薬となっている。

ピルにも、これら女性ホルモン剤とと同じ機能がある。避妊だけでなく、たとえば若い女性の機能性子宮出血などの治療にも用いられているのである。ピルは生殖年齢最盛期に使う薬なので、若い人のホルモンに見合うだけの量が入っているのだ。エストロゲンの量で比較するなら、ピル1錠で総合エストロゲン製剤の約5錠分、エストリオール製剤の約100錠分も配合されている。ピルに含まれる黄体ホルモンの量も、黄体ホルモン薬と呼ばれるものより多いことがある。

そして、ピルは、思わぬところで身体にいい効果を発揮するのではないかといわれるようになってきた。たとえば女性喘息患者の一部には、月経の前の週に喘息やその他の喘息症状が悪化するケースがある。これまでの研究で、エストロゲン値の変動と、喘息患者の肺機能低下と関係があるらしいとされていたが、ピルの服用によりホルモン値を安定させ、症状を緩和させる可能性があることがわかってきた。

また、視床下部性無月経と呼ばれる病気の若い女性患者が、腰脊椎や全身の骨量が減るのを、ピルを服用することにより改善できると報告されている。さらにエストロゲンは目の水晶体の透明度を高く保ち、白内障の予防に役立つ可能性が示唆されている。逆に、ピルの常用は子宮がんや乳がんのリスクを高めるといいう報告も出されるようになっている。

いずれにしても、ホルモン療法が利用される領域は今後も広がる可能性を持っている。そうした意味でも、ピルの解禁は新たな可能性を発見するきっかになるかもしれないのである。


緊急避妊法であるモーニングアフターピルに関して

女性を望まない妊娠の危機から守ってくれる緊急避妊法とは?

□ 多くのセックスは妊娠を望まない
□ 日本はピル後進国
□ ピルには知られざる効用があった
□ モーニングアフターピルは72時間以内に服用する
□ モーニングアフターピルが築く未来
□ 緊急避妊薬承認へ
□ コンドームが破れたが緊急避妊薬に救われた


モーニングアフターピル・緊急避妊薬や低用量ピルの個人輸入代行

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

個人輸入のくすり通販ベストケンコーでは、緊急用避妊ピルのアイビルやノルレボ、低容量ピルのヤスミンやヤスミンのジェネリックのジャニャまで幅広い避妊ピルを取り扱っております。また黄体ホルモンを補うお薬など多数取扱しております。

個人輸入代行





全国送料無料!