薬通販ベストケンコー > 緊急避妊薬大全 > モーニングアフターピルとは?
> 多くのセックスは妊娠を望まない

世界中の医薬品の個人輸入代行

ピル 通販|ピルジェネリック|ベストケンコー

望まれない妊娠と避妊方法

アメリカでは毎年350万人の女性が望まぬ妊娠をしているといわれる。日本ではこうしたデータがないが、中高年にまで中絶手術が蔓延している状況である。未婚の女性にとっては、妊娠は性病と同様に深刻な問題だ。

こうした中え、1997年、アメリカ政府は女性が性交後服用することによって避妊できるピルがあることを公表した。モーニングアフターピル、または性交後避妊、緊急避妊法と呼ばれるもので、FDAは6つのブランドの薬品が安全、かつ有効であることを認め、使用を許可した。

誰でも「望んでいない妊娠」は避けたい。ちゃんとしたライフステージに合わせて子作りを目指すならともかく、この少子時代にあっては夫婦間でされも、妊娠を求めたセックスはそれほど多くないはずである。もちろん結婚を考えていない恋人や単なる遊び、浮気、不倫相手とのセックスでは、絶対妊娠したくないと思うのが当然だろう。

思春期を過ぎれば男女とも生殖機能は一人前になるし、性交が排卵期に行なわれ、避妊をしなければ妊娠するのは当然である。このくらいの知識は、たとえ学校で性教育をされなくてももっていることは人間としての基本条件ともいえる。正しい避妊の知識と、性交時にそれをきちんと実行する勇気、二人の人間関係が平等であることが、悲劇的な望まぬ妊娠を防ぐ結果になる。

万一望まない妊娠をした時、困るのは男女双方であるはずなのに、そうした関係の時、「産む」「産まない」を選択し、避妊を考えるのはたいてい女性である。

避妊法にはピル、コンドーム、ペッサリー、避妊フィルム、ゼリーなどいろいろあるが、日本では、コンドームによる避妊が一般的になっている。そのため、避妊をするというと、女性が男性に「コンドームをつけて」と要求するという形になることが多い。

それでも、男性は自分が妊娠するわけではないので、気軽に構えがちだ。多くの男性はコンドームをつけると性感がにぶくなるという固定観念を持っていて、「面倒だ」とばかり着用を怠る。つい「大丈夫だろう」と膣外射精でフィニッシュということになったりする。

ところが膣外射精はえてして避妊に失敗することが多い。それに、たとえコンドームをつけたとしても男性まかせにしておくと、焦りなどから装着がいいかげんになることがある。ちゃんと根元までかぶせないために途中で抜けたりする。

また日本には、かつて荻野久作が開発した「荻野式」と呼ばれる避妊法がある。確かに月経と排卵の関係に裏づけられた合理的な方法だが、いうまでもなく女性の条件に限定される。体内に射精された精子の寿命は意外に長く、避妊に失敗することもままある。

特にエイズが問題になってからといもの、「避妊といえばコンドーム」という連想が強くなってきた。今のコンドームは丈夫で破れにくく、薄くて装着感がよくなっている。

だから、男性はもっと積極的にコンドームを利用しようという気持ちがあっていいはずなのに、まだまだどこかで抵抗感がある。このことが避妊失敗を招く背景になっているわけだ。


緊急避妊法であるモーニングアフターピルに関して

女性を望まない妊娠の危機から守ってくれる緊急避妊法とは?

□ 多くのセックスは妊娠を望まない
□ 日本はピル後進国
□ ピルには知られざる効用があった
□ モーニングアフターピルは72時間以内に服用する
□ モーニングアフターピルが築く未来
□ 緊急避妊薬承認へ
□ コンドームが破れたが緊急避妊薬に救われた


モーニングアフターピル・緊急避妊薬や低用量ピルの個人輸入代行

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

個人輸入のくすり通販ベストケンコーでは、緊急用避妊ピルのアイビルやノルレボ、低容量ピルのヤスミンやヤスミンのジェネリックのジャニャまで幅広い避妊ピルを取り扱っております。また黄体ホルモンを補うお薬など多数取扱しております。

個人輸入代行





全国送料無料!